抗炎症成分と、高い保湿力を肌に与えてあげましょう。 顔の赤みは、肌が炎症を起こしている状態です。乾...

顔の赤みに最適なファンデーションを選ぶポイント

抗炎症成分と、高い保湿力を肌に与えてあげましょう。
顔の赤みは、肌が炎症を起こしている状態です。乾燥肌によるヒリヒリ感や、炎症を抑える成分が、配合されているファンデーションを選びましょう。抗炎症成分が、1日中肌を沈静化し、肌トラブルを繰り返さない肌づくりをしてくれます。

顔の赤みは、肌が弱っている証拠です。肌のバリア機能を高める成分が、配合されているファンデを選びましょう。高い保湿成分と、うるおいを蒸発させない技術があるといいですね。肌を乾燥させないことで、肌のバリア機能を高めていきます。

赤みを目立たせないように、光でぼかしてくれるパウダーを、配合しているファンデを選びましょう。カバー力も大切です。色でカバーするのではなく、微細なパウダーの乱反射で、ナチュラルにカバーすることで、厚塗り感がでません。薄づきでストレスフリーな、肌感触が理想です。